スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

つる吉の病気

  • 2009年07月26日(日)
  • 病気
つる吉 004
↑この柵を壊し、脱走したことも・・・(笑)

つる吉もチャップの1週間後に病気になったことは前記事にも書きましたが、
チャップのことがあったからつる吉の病気も迅速に対応できたんだと思います。

発病は夜の9時ごろでした。
いつものソファーで寝ていたつる吉が突然玄関のほうへ行き、
ゲーゲーしたんです。(でも何も吐きません)
そして自分でも何か変だと感じたのか、つる吉自身もパニックになっていたみたいです。
私はまさか?胃ねんてん?じゃないよね?
と思いながらつる吉のそばにいて体をさすってあげてました。
と次の瞬間、つる吉のおなかが風船みたいにみるみるうちにふくらんできました。
本当に1分くらいのあいだです。
腰のくびれがなくなりまるで肥満犬みたいに一瞬でなったんです。
「え~、つる吉まで逝っちゃいやだよ(涙)」
私もパニックになりましたが、ここで私が落ち着かなくてどうする!
と思いなおし、深呼吸。(主人はまだ仕事でいない)
まず、何をする?獣医さんに電話だ!
夜なので留守電だからとりあえず状況を報告。
そしてすぐにつる吉を車に乗せ、病院へ。
車ではふくらんだ胃で内蔵が圧迫され、失禁してしまうほどでした。
運転しながらもつる吉には
「大丈夫だからね、先生が助けてくれるからね」
と声をかけ、自分にも
「落ち着け、落ち着け、ここで事故ったらつる吉は助からない!」
と声に出して運転してました。
幸い獣医さんもいらしてすぐに処置をしてくれました。
なんの薬だかわからないけど、注射してしばらくすると(30分?1時間?2時間?もうわかんない)
つる吉が嘔吐しました。ガスが抜けたんです!
そうなんです、嘔吐したということは胃がねじれていないということです!
よかったぁ~。
発見が早かったからねじれる前に処置ができて助かったんです。
もう、こっちが胃に穴があきそうでしたよ・・・
結局この日はつる吉の様子が落ち着いたので、
入院するより自宅のほうがいいと判断して深夜帰宅しました。
先生は、チャップがいなくなったことでの精神的ストレスから来たのかもしれないって言ってました。
次の日からはガスが溜まっていないかチェックのためしばらくは朝夜毎日通院でした。
今もこのチェックで20日に1回は通院してます。
つる吉もがんばったけど、親切に診てくださった先生に感謝です。
休診日も診てくれたんです。
病院に足を向けて寝られません。

でもこれだけではなく1年半後、また胃がふくらみました。
1度ふくらんだ胃はふうせんと同じでふくらみやすいんですって。
このときも発見が早く、すぐに処置してもらったので、事なきを得ました。
なので今も気は抜けません。

大型犬みんながなるわけではありませんが、大型犬と一緒に暮らしている方には
知っておいてほしい病気です。
吐くしぐさをしてもなにも出ない、もしくは泡のようなものを吐く、
そしておなかが膨らむ。
といった症状があったときはすぐに1分1秒でも早く獣医さんに連れて行ってあげてください。
そしてその時は絶対におなかを押さえないでください。
抱っこのときは気をつけて下さい。
胃が破裂するかもしれません。
1頭でもこんな苦しい思いをするわんこが少なければいいのにと思います。

「つる吉はチャップが助けてくれたんだね」
と獣医さんは言います。
私もそう思います。
チャップつる吉を助けてくれてありがとう。
チャップの分もがんばって生きるよ♪

ランキングに参加しています。
ポチッとしてね♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
心配しましたね 
つる吉くんがこの病気になったのは
えっと・・・いつ頃のことですか?

とってもびっくりしましたね。。。
ママさん、ひとりでちゃんと病院に連れていかれ
凄いです。。。私は パニックになりそうです。

病院の先生もちゃんと診て下さってよかったですね。。。

つる吉くんに2度と この病気がやってこないことを
願っています。。。
  • くっきー&らぴ母
  • URL
  • 2009年07月26日(日)22:39 [編集]
No title 
目の前でお腹が膨らんじゃうなんてびっくりしたでしょう!
すーぴーが初めて「ゲボ」した時、それだけだって大慌てしちゃいましたよ~ほら、お腹がうねってすごいでしょ?

一度大きな病気を経験すると、まず落ち着いて様子を見ることが大事、ってわかりますよね。目は?足は?お腹は?って・・・

獣医さんに行くたび「高齢だからね・・・何があってもおかしくない、っていうのを頭においておいてね」って言われて、要するに、何が起こっても慌てるな、っていうことだろうな、と解釈してます。

でも病院までの車の中、安全運転は頭にあっても、1回の赤信号、なかなか曲がれない右折車・・・ものすごく長く感じますよね・・・わかります。
つる吉君、改めて頑張ろう!!
  • すーぴー
  • URL
  • 2009年07月27日(月)07:56 [編集]
No title 
わが子にいつもと違う症状がでるといてもたってもいられませんね。
我家も何度夜間専門病院のお世話になったことか?
病院までがとても遠く感じてしまいますね。
結局大騒ぎするほどのことでもなかったことがほとんどですが
やはり素人の私達では判断がつかないし間違ったことをしたら
命とりですものね…。

つる吉くんは大型犬ですから胃捻転が頭によぎりますよね。
でもよかった!胃捻転じゃなかったのね。
私も胃捻転は大型犬に多いと思っていましたが散歩友達の
パピヨンちゃんが突然胃捻転で亡くなりました。
物を食べたり水を飲んだりした直後の運動が原因だったそうで
大型犬に限らないそうです…。

へんな話をしてしまいますが…
トーマスは亡くなる直前…お腹がへこんで
背中にくっつきそうなお腹になりました。
心不全…息を吸った時に呼吸困難になったようです。
びっくりしました!

普段から人が見たらこんなこと…そう思われるほど愛犬のチェックが
必要ですよね。体中さわりまくっていました。
つる吉くんの身体も触りまくりたいです!
頑張ってよ~!つる吉君! もっともっとママに甘えてね!
  • Club Thomasの母
  • URL
  • 2009年07月27日(月)09:02 [編集]
くっきー&らぴ母さんへ 
つる吉がこの病気になったのは3年前の11歳のときです。
チャップが亡くなった1週間後です。

いやぁ、パニックになりましたよ・・
でもチャップのすぐ後だったから素人ながらに病名がわかったので
すぐに対処できたんだと思います。
知らなかったら様子を見て・・・なんてしてるうちに手おくれになってたと思います。
チャップが助けてくれたんだと思います。

こんな病気になるわんこがいなくなるように予防法なんかがはっきりするといいんですけどね。
  • つるママ
  • URL
  • 2009年07月27日(月)10:52 [編集]
すーぴーさんへ 
ほんとびっくりしました。
あんな経験はもうしたくありません。
でも1度なった子はまたなるかも?みたいなんです。
ねんてんして手術を受ければ胃を固定するそうなので
リスクは減るみたいなんですけどね。(絶対ではないみたい)

「老犬だから何があってもおかしくない」
この言葉、つる吉もよく言われます。
私もこの1件以来変な覚悟だけはできています。
いざとなるとダメかもしれませんけどね(苦笑)
  • つるママ
  • URL
  • 2009年07月27日(月)11:01 [編集]
Club Thomasの母さんへ 
夜や休日の急変は本当に不安倍増ですよね。
救急病院にはまだお世話になったことありませんが、
場所だけは確認してあります。
いつ御厄介になるかわかりませんから・・

パピヨンでもなるんですね、胃ねんてん。
ダックスもなりやすいとは聞いていたんですが・・
突然の病で突然の死、なかなか受け入れられませんよね。

トーマスちゃんのお話ありがとうございます。(お辛いのに)
そんなおなかがへこむなんて、それこそおちついてなんていられませんよね。
トーマスちゃんも苦しかったでしょうに・・・
いざというときの覚悟はできてるつもりですが、
なにがあってもあわてないことが大事なんですね。

「人から見たらそんなこと」
愛犬チェックは大事ですよね、
私もつる吉中心に生活しているので、まわりはきっとあきれていると思います。
犬バカと・・・(笑)
  • つるママ
  • URL
  • 2009年07月27日(月)11:32 [編集]
No title 
このブログでははじめまして~

胃が急にそんなにおっきくなることがあるんですね!
そんなのを見たら、確かにちょっとパニックになるかも。
豆ちゃんがちっこい癌だというだけでビックリしたのは、
先代ミニーがほんとに丈夫で健康だったからなんだなーと
しみじみありがたかった、と思います。
大型犬特有の病気って沢山ありますもんね。
豆ちゃんも癌を克服するというより、うまく共存していこう、と
先生には言われています。

一緒にがんばりましょうね♡ 
  • みにもか
  • URL
  • 2009年07月27日(月)16:51 [編集]
No title 
恐ろしい病気ですね。。。
つるママさんやチャップ君の愛の力で助かったんだと思います。

何よりも、つるママさんの冷静な行動は素晴らしいです。
私も見習いたいと思いました。

これからもチェックが必要ということで、つるママさんも大変でしょうけど、頑張ってくださいね。

病気を乗り越えて14才になれたことは、きっと元気で長生きできる運命だったんだと思います。

ガンバレぇ~!つる吉君!
  • おちゃちゃ
  • URL
  • 2009年07月27日(月)18:52 [編集]
みにもかさんへ 
みにもかさん、いらっしゃいませ~。

ブログ再開されてうれしいです♪
豆ちゃんも病気と付き合っていかなくちゃいけないんですよね。
病気は違うけど一緒にがんばりましょう!
ミニーちゃんは丈夫だったんですよね、
病院通いをやめられないつる吉にはうらやましかったんですよ。
これからもよろしくです♪
  • つるママ
  • URL
  • 2009年07月28日(火)09:19 [編集]
おちゃちゃさんへ 
本当に恐ろしい病気です・・・
なにより本人がそうとう苦しむので見ていられませんでした。
でも私しかいない!と思う気持ちが行動させたんでしょうね。
火事場のばか力です(笑)
頼れる人がいたらもっとパニックになってたでしょうね。

チャップよりも3年長生しています。
チャップの分までもっとがんばってもらおうと思ってます♪
  • つるママ
  • URL
  • 2009年07月28日(火)09:26 [編集]

トラックバック

プロフィール

つるママ

Author:つるママ
1995年4月4日生まれのラブラドールのつる吉2010年6月19日に15歳2カ月15日で虹の橋へ旅立ちました。
つる吉の思い出にお付き合いください。
我が家には同居猫の、ミャー(母推定6歳)まる(息子2005年9月14日生まれ5歳)なお(娘2005年9月14日生まれ5歳)もんじ(2009年8月9日保護1歳)
もいます。
ぜひお友達になってね♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

つるママへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ランキングに参加しています ぽちっとしてね♪

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。